HOME お問い合わせ
  母校について 同窓会について お知らせ(ブログ) 雨天練習場寄付金状況


校歌

第一校歌(大正4年制定)

羽場 栄太郎 作詞
渡辺 弥蔵 作曲
第一校歌楽譜

一、
ああうるわしき厳島
潮にたてる大鳥居
藻汐にかおる江波の海
舟舶つどう宇品の津
今古の俯仰意気たかし
ああ広商のわが友よ
二、
緑かわらぬ二葉山
真砂よむべき三篠川
白雲たかし臥虎の山
かおりもゆかし偉人の碑
文屋の窓に入りきたる
ここに切磋のわが友よ
三、
丈五の櫓櫂しわるちょう
音頭の瀬戸を切りぬきし
平相国をしのぶれば
ひろくはてなき商海の
さかまく波濤なんのその
堅刃不抜のわが友よ
四、
祖国の長計になわんと
斯道いそしむ三星霜
あま雲しのぐ羽翼成り
波濤乗りきる櫓櫂成る
夷険一節いさぎよく
わが本領を世に示せ




第二校歌(昭和42年制定)

大木 惇夫 作詞
飯田 信夫 作曲
第二校歌楽譜

一、
瀬戸内の波は静けく
和をたもつ学の聖園
美しく 厳しく錬え
栄光の虹を望みて
積極の躍動ぞよし
七つの海に夢を懸けばや
ああ 広商の若人われら
太陽を常に仰がん
二、
太田川 流れ清けく
掬みとりて健やかにあり
たくましく 豊けく学び
商才を生かし行くにも
誠もて公共に処す
世の幸いのために尽さん
ああ 広商の若人われら
青空を指して悔いなし
三、
二葉山 緑爽しく
伸び茂り興るはらから
虔しく 明るく励み
誇りある歴史鑑み
孜孜として技術を磨く
よき智恵の灯を慕い求めん
ああ 広商の若人われら
夕星の啓示聴かまし